葉っぱのアイコンCommitment to quality

品質へのこだわり 認証について

お花の飾りお花の飾り

品質へのこだわり

ハーブを用いたお茶、コーヒー、そしてスパイスは、原材料から最良といえるものを選ぶべきです。望まれるようであれば、私たちはそれらを少しだけ精製することもありますが、キャラメルシュガーを追加する、といったことは全く不要です。フルーツティーはおいしいベリーから作られ、それが正当な品質の作物であれば香料なしでも正しい時間できちんと浸出させることができます。私たちの原則は、香料や添加物を使わないこと。それゆえに、私たちは最上の品質を選ぶのです。

品質へのこだわりのイメージ

レーベンスバウムが意味する最良のオーガニック品質とは、ケミカルなスプレー類やその他同様のものを避けるということに留まらず、もっと沢山のことを指しています。十分な日光、植物が本来持つエッセンス、そして香料は添加せず、科学的あるいは合成の殺虫材も使わないなど、レーベンスバウムの製品の品質を支えている鍵は、実に沢山あります。

100%オーガニック


私たちは、100%オーガニックの原材料でのみ製造を行っています。オーガニックな工程で製造された食品は、最も厳しい管理下にある食料品であると言えます。それらには、EUのオーガニック認証ラベルが付けられています。科学的な分析機関においても、オーガニック商品は(オーガニックではない方法で製造された)普通の商品よりも、明らかに高い品質であることが幾度も示されました。

私たちの製品は、最善の環境と土地を必要とします。ですから、紅茶はダージリンから、シナモンはスリランカから、ペパーミントはオーストリア北部から、そしてコーヒーのアラビカ豆はメキシコ北部から調達します。そこに正しい植え付け、耕作のメソッド、収穫、そして加工法についての、パートナー達の専門的な知識があります。この知識はその地域で、世代から世代へ文化的な強みとして受け継がれてきたもので、真似をすることのできないものなのです。なぜなら品質にはその源となるものがあるからです。

買い付けの段階から


原材料を購入するときは、あらゆる面をよく観察します。どのように収穫されたか、近隣の農園で何が育てられているか、倉庫はどのようなものか、乾燥と仕分けはどのよう
に行われているか、どんなに潜在的なリスクでも、それらは私たちの管理スケジュールに組み込みます。安全対策としての品質の意味は、既存の考えにとらわれずに考えるこ
とです。レーベンスバウムの買い付けの旅と、ピカピカな観光旅行パンフレットに載っている旅との共通項は少ないです。コスタ・ブラバ(スペイン北東部の地中海沿岸地帯)
から遠く離れた、まだ決して全てが発見されていない、驚くほど豊かな味わいを世界に届けたい。こういった確信のもと、私たちはまだ見ぬ特別な品質の原材料を探し続けています。

連鎖する価値に従った品質管理


製品の中から、石や、茎、その他の異物などを発見することにならないように。現地で原材料を育てるところから、
品質の管理は始まっています。私たちにとって品質を扱う仕事とは、耕作を計画し、収穫、輸送、
お客様に配達するにあたってのいくつかの質の解析など、広範囲に渡ります。

原材料の管理に含まれること


1991年にヨーロッパのEco法令で法令化される前から、私たちは商品の管理やその記載に着手していました。私たちは環境マネージメントの保証を既に1997年には取り入
れ、同じ頃に品質管理システムも確立しました。これらの異なるシステムは日常的に幾度となく関連しあうこととなり、7年後に私たちはそれらをひとつにまとめました。それ以降、品質、環境そして社会的要因は、規則正しい歯車のように連携しています。

例えば、私たちの買い付け部署がインドでお茶を買ったなら、そのお茶はオーガニック農法を行うパートナーからであり、彼らは私たちの品質についての期待を共有するとと
もに、それを確実に全うしたものです。そしてパートナーは、国際的な労働基準を支持することができなくてはならず、同時に環境保護基準への受諾を示さなくてはなりませ
ん。現地から原材料を購入するということは、込み入った話の一つです。私たちはレーベンスバウムのパートナーとなるため、ステップを精密に定義しています。そして、私
たちのシステムが機能するかどうかをみるため、内部的には継続的に、外部機関によっても一年に一度の査定があります。変えられないものは、何もなく、もし必要であれば、修正がなされます。初期の先駆的な時代から、組織化された活動による恩恵は、貴重な資源なのです。

フルコンテナ積荷で品質を維持


私たちは常にコーヒー、お茶そしてスパイスを船によってフルコンテナで輸送します。ディープフォルツにある私たちの本社は、ハンブルクとブレーメンにある国際港からそう遠くはありませんので、適切な品質の維持、輸送による消耗を最小限に抑えられます。船で輸送されたお茶と、航空輸送されたお茶の違いは、不意の気候変化の影響を受けない、という点です。私たちの購買部署は、商品の品質確保の観点から、コンテナの中でレーベンスバウムの原材料がレーベンスバウムの原材料とのみ一緒に置かれるように気をつけています。これによって、別の何かが混入してしまうことを防げます。また、原材料はお互いの香りの影響を受けてしまわないよう、スパイスがお茶と同じコンテナで輸送されていないかなども確かめます。もちろん、コーヒーはコーヒーのみでコンテナを満たします。

品質に関する私たちからの約束


レーベンスバウムは、生態学的な観点からの純粋な喜びと、社会的な責任をつないでいます。レーベンスバウムの品質保証とは、以下のような項目が、それぞれの製品において、それぞれに保たれているという意味です。

  • 100 % organic (100%オーガニック)
  • Strict quality controls(厳しい品質管理)
  • No flavorings (香料不使用)
  • Climate friendly(環境への配慮)
  • No GMOs(非遺伝子組み換え)
  • Fair partnerships(公平なパートナーシップ)

品質と価格の安定性


私たちは、オーガニックな農産物や食品を扱う協会の物資を、年間を通じて受け取る時のみ「デメター栽培コーヒー」といったように、
パッケージにその旨を記載します。そうすることで、一年の間にパッケージを度々変更するような事態を防ぐことができます。
パッケージ変更は不必要な貯蔵や製造コストに関わる、取引きをする上で複雑な問題です。このような問題を、私たちはお客様に肩代
わりさせないためにも、オーガニックな品質の安定した供給を心がけています。

環境と社会の品質

環境と社会の品質のイメージ

私たちは、味わいのためだけに高品質にこだわっているわけではありません。環境上の品質、社会的な品質も追求しています。

環境上の品質


オーガニックな製造は、次に述べる普遍的な目標を追求するべきである。「耕作にあたり、持続可能な経営システムを確立する」こと、
そして「自然のシステム、サイクル、そし維持を尊重し、太陽、水、地球、動物のバランスを高め、それらのバランスをとる」こと。
私たちのコーヒー、お茶、そしてスパイスは、上記のヨーロッパのエコロジー規約に従って耕作されています。

社会的な品質


国際的に認められている労働基準(正当な労働時間、ILOから定義された子供に対する保障措置など)を守るパートナーが育てた原材
料のみ、扱っています。私たちのパートナーはしばしば、もっと素晴らしい活動をしています。彼らは、従業員のために学校を建て、
ヘルスケア施設に融資し、地域の文化をサポートしています。

認証について

私たちがオーガニックな品質、環境保護、社会貢献といった全ての指針に注意深く従っているかどうかをチェックする
ため、様々な団体によって定期的な査定が行われています。そして規定に達することで、私たちは以下の認証を取得し
ています。
ISO 14001

ISO 14001

Herstellererlaubnis nach § 13 AMG

Herstellererlaubnis nach § 13 AMG

Kiwa - sozial, nachhaltig und fair

Kiwa – sozial, nachhaltig und fair

Japanese Agriculture Standard (JAS)

Japanese Agriculture Standard (JAS)

Bio-Zertifikat/organic certificate

Bio-Zertifikat/organic certificate

Transfair

Transfair

International Featured Standards (IFS)

International Featured Standards (IFS)

Eco-Management and Audit Scheme (EMAS)

Eco-Management and Audit Scheme (EMAS)

demeter

demeter

Bio Suisse

Bio Suisse


MENU

トップへ戻る